達磨大師

達磨(だるま)大師(たいし)は今から1600年ほど前、南インドにあるカンチープラム(こうこく)の第三王子として誕生し、幼名は菩提ぼだい多羅たらといいました。
若い頃に父である国王が亡くなり、菩提多羅王子は国政を二人の兄に頼み、お釈迦しゃか様から二十七代目にあたる般若はんにゃ多羅たら尊者そんじゃのもとに出家し、『菩提ぼだい達磨だるま』の僧名を頂きました。
師にいて修行すること四十年に及び、般若多羅尊者から釈尊正伝しょうでんの第二十八代目を継承しましたが、師より「六十七年間はインドを布教し、その後に中国に正法しょうぼうを伝えなさい」と遺言され、それに従って老年になってから、海路を三年かかって中国・広州こうしゅうの港に上陸しました。
りょうていと問答し、縁かなわず揚子ようすこうを渡って洛陽らくようの都のはずれ、嵩山すうざん少林寺しょうりんじの裏山の洞窟に住み、面壁めんぺき九年くねんの坐禅をするうちに求道者・神光しんこうが現れ、その熱意に感じ中国で始めて弟子をとり、慧可えかと名付けました。
この慧可にすべてを伝え、中国に禅宗の基礎を築かれたのですが、その教えを理解できない者たちによって毒殺され、ぎゅう耳山じざん定林寺じょうりんじに葬られました。