禅語を味わう

しょうこきゃっか

照顧脚下

照顧脚下

禅寺の玄関には「照顧却下」と書いた札が掲げてあることが多い。とかくこの言葉を「玄関で靴を脱いだり履いたりする時にはあなたの足元に気をつけなさい」という一見ありきたりな注意ととらえてしまいがちだ。しかし日々の歩行どころか人生の歩みさえおぼつかないのが私たちの現実ではないだろうか。この人生で自己をしっかりと確立するために、まず私たちは玄関での靴の脱ぎ方から心して行動しなければならない。